柳宗悦の民藝と巨匠たち展【京都文化博物館】



2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 



現在、京都文化博物館で開催中の『柳宗悦の民藝と巨匠たち展』に先日足を運びました。この展覧会は普段使いの雑器に美を見出し、「民芸(民藝・民衆的工芸)」というジャンルを提唱した柳宗悦の思想の変遷を追い、また彼に関わった多くの巨匠たちの作品もたくさん紹介されています。yanagi.jpg

柳宗悦は元々西洋美術に関心がありましたが、朝鮮陶磁との出会いをきっかけに東洋美術に傾倒していきます。その後、今まで誰も顧みることのなかった日常生活で使われる工芸品に美を見出し、「民藝」を創始、日本各地を廻って数多くの民藝品が彼の審美眼によって蒐集されていきました。またその思想は富本憲吉や河井寛次郎、バーナード・リーチ、棟方志功、黒田辰秋ら、近年の美術史上でも重要な位置を占める人々にも影響を与えることとなります。
民藝運動に参加した彼らの作品は五条坂近くの『河井寛次郎記念館』や、河井をはじめ・濱田庄司・バーナード・リーチ・富本憲吉・芹沢介等の作品を数多く紹介している『アサヒビール大山崎山荘美術館』などでも触れることができますが、今回の展覧会は柳宗悦が蒐集したコレクション(日本民藝館に所蔵されているもの)が中心となっています。

今回個人的に特に気になっていたのが、木工家・黒田辰秋の作品。あたしの亡き父が木工家で、黒田辰秋の作品をとても愛していたからです。まぁ、黒田辰秋の作品に目が行くようになったのは、哀しい哉、父が亡くなってからのことですが・・・。
あたしの周りには書家・陶芸家・染色家さんなど、自分の手で物を作り出す仕事をしている人が多いのですが、そういう人には是非この作品展は見て欲しいなって思います。有名な作家さんのものも展示されてますが、名もない職人さんたちの粋な作品にも心惹かれますじょ! 今後の創作活動にもきっとイイ刺激を与えることと思いますじょ!

【柳宗悦の民藝と巨匠たち展】
京都文化博物館にて2006年1月29日まで開催中(地図はこちら!)。
地下鉄烏丸御池駅より5番出口から三条通を東へ徒歩3分。
開館時間:10:00~18:00(月曜休館)
入場料:大人1,000円・大高生800円






<<京の化粧地蔵さん~『色っぽい!』編~ | Top | 京都・東寺の『ザ・終い弘法2005』!>>




寒いですな
河井寛次郎好きだなあ。あの自由奔放な造詣に惹かれます。
いつだったか東博でやった柳宗悦の展覧会を見たことがあって、なんだかまったりしたことを思い出しました。

ところで、7月24日が予定日だそうです(笑)
2005/12/23 00:22 URL by kokami [ 編集] Pagetop△

RE:kokamiさん^^
まったりしますね~、民藝!
なかなか面白かったです。柳宗悦の歴史も垣間見られるし、作品も素晴らしかったので。

ま、それはいいとして・・・

kokamiさん、おめでとうございますですじょ!!(≧∀≦)
びっくりですじょ!!
梅宮神社の「またげ石」は必要ありませんでしたね~^^
次は安産祈願かな~^^
2005/12/23 23:16 URL by ぽのこ [ 編集] Pagetop△

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005/12/25 17:37 URL by [ 編集] Pagetop△

柳さんって
 柳宗悦のことについては、日本が朝鮮半島を占領していたとき、総督府を建設するから邪魔だと光化門の取り壊しを行おうとしたとき、それに反対する評論を発表したことや沖縄の壷屋焼などの造詣にふかかったことで知られていることなどで知りました。
 彼の洞察力や芸術のあり方をめぐっては、勉強してみたいと思っていました。
 『柳宗悦の民藝と巨匠たち展』は是非行きたいですね。時間を作って、来月中に行ってみますネ。
2005/12/26 00:50 URL by マサキ [ 編集] Pagetop△

黒田辰秋・・
誰の知らんじょ。この前テレビでワダ・エミさんがさ「日本の男性は経済ばっかりで、日本の民芸みたいなものに興味がないのが残念」みたいなことを言っていたじょ。おいらもだ。ワダ・エミさんって今気になるおばあちゃんなのだ。黒田辰秋さんも気にしておこう。読み方すらわからんが・・。
2005/12/26 19:25 URL by おちゃーみー・ばっどへんげ [ 編集] Pagetop△

RE:マサキさん、おちゃーさん^^
★マサキさん^^
すごいすごい!よくご存知ですね~。この展覧会、なかなか面白かったです。
これ、今全国廻ってるみたいですよ。
マサキさんのご近所にも廻ればいいんやけど・・・
マサキさんは民藝に関心があるから、きっと素敵な殿方に違いないですじょ!(^∀^)(マサキさんの下の、おちゃーさんのコメントより判断したぽのこでありました)

★おちゃーさん^^
関心持ってくれてもいいですじょ、黒田辰秋(・_・)
ワダ・エミさんって和田勉の奥様やったよねー。
映画の衣装のデザイナーじゃなかったっけ?結構いい年齢だったような・・・でもすごいバイタリティある人ですじょ!
夏木マリに通じるかもしれん。。。うん。
2005/12/27 01:54 URL by ぽのこ [ 編集] Pagetop△

結局高山まででした
ぽのこさんおひさしぶりです。
先日の旅行計画は、頓挫。
・・・というか、友人とも都合が合わず、予想以上の豪雪地帯だったため、奥飛騨~高山とたのしんだのみでした。
温泉浸かって、仏像見て、高山の町並みを散策できてよかったです。
2006/01/31 06:08 URL by マサキ [ 編集] Pagetop△

⇒マサキさん!(@_@)
そうやったんですか(-_-;)
ま、しょうがないですよね^^;
今年は異常気候やったし(*_*)
でもまたきっと、京都のほうに足を延ばす機会があると思うので、京の街も楽しんでもらえたらなって思いますじょ。

そういえば今、別冊太陽やったかで柳宗悦の特集やってましたよね^^
マサキさんエリアでも、展覧会開催されるんやないかしらん?^^
2006/02/02 11:22 URL by ぽのこ [ 編集] Pagetop△

格調高い文ですね。
さすが高島屋2階のご常連だけあって。
随分早く行かれたのですね。私は、最後の日にやっと間に合っていけました。どへっ!
こちらからもTBさせていただきました、ですじょ!。
2006/02/14 12:52 URL by vivasan [ 編集] Pagetop△

⇒ビバさん^^
どへ!
まさかこんなコメントを残してくださるとは・・・どへどへ!(苦笑)

柳宗悦はもう大分前からチェックしてましたんで、早かったんですよ、行ったのが。
お気に入りは初日に行ったりします^^(これは初日ちゃいますけどね^^;)

最近、別冊太陽やったかに、柳宗悦の特集やってましたよね。
今時代は民藝なんかしらん???
TBありがとうございました^^
2006/02/15 03:40 URL by ぽのこ [ 編集] Pagetop△
コメントありがとう♪














管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://kyotogoriyaku.blog24.fc2.com/tb.php/93-55f75984
» FC2blog user only
柳宗悦の民藝と巨匠たち展
京都文化博物館で開かれていた「柳宗悦の民藝と巨匠たち展」、1月29日最終日に見に行ってきました。柳宗悦(やなぎむねよし、1889~1961年) は「民藝運動」の創始者で、民藝とは日常使われている雑器の中に美を見出して、広め紹介していこうという活動です。日本各地を旅 ビバさんのさんぽ道 2006/02/14 12:44
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。