生誕120年 藤田嗣治展~パリを魅了した異邦人~



2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 



京都国立近代美術館で開催されている「藤田嗣治展」。明日で最後です(ぐすん)。前々からかなり楽しみにしてて、先日ようやく足を運べましたんですじょ。
20060722222550.jpg

あたしの中での藤田さんのイメージは、「乳白色の肌」「自画像好き(?)」「猫」。かなり期待して行ったけど、それを裏切らない、本当にいい作品展でしたじょ。
ただ、この展覧会を観たあたしの周りの反応は「いい」って人と「ダメ」って人がはっきり分かれたのだ。それが非常に興味深かった(笑)。元々藤田さんが好きな人は当然「見応えあった~」って言うけど、一方で「好きな画が少なかった」とか「思ったほど上手くない」とか言う人もいましたんですじょ(期待しすぎたから?ま、批評するのは自由なので、それに対してあたしゃ何とも言ってないけどさ~:笑)。
でも今回の作品展は、誰が何と言おうと今までにないかなり大規模なものには違いにゃい。藤田嗣治さんの集大成の作品展やものね。
あたしは今まで、何かの絵画展で何度か彼の作品を見たけど、そこに展示されているのは1点とか2点とか、非常に数が少なかったから、今回のように体系的に観ることができると、彼の作品への理解がますます深まってかなり楽しかったんですじょ。

「乳白色の肌」「自画像好き(?)」「猫」「子供」
これらの特徴をもつ画は以前いくつか観たのやけど、あたしが今回見応えあるなと思ったのは、彼が1931年から2年ほどかけて中南米に行った時の作品群。「乳白色の肌」に代表されるようなそれまでの彼の作品とは全く異なる、鮮やかな色彩がすごく印象的やったんですじょ 個人的には、彼の代名詞である「乳白色の裸婦」シリーズより好きです

代表的な作品群については、こちらを参考にしてね。
http://foujita.exh.jp/hightlight.html
 ※ここには載ってないけど、あたしは「町芸人」って作品が好きなんですじょ!

京都での展覧会は明日23日までやけど、次回は広島県立美術館で藤田嗣治展が開催されます(広島の皆さん、是非観に行ってね!)。
展覧会に行く前に、Webや本で藤田さんの略歴をある程度お勉強した上で観に行かれた方が絶対面白いと思いますじょ!
参考:藤田嗣治(レオナール・フジタ)(Wikipediaより)

メモ:生誕120年 藤田嗣治展~パリを魅了した異邦人~
京都展は7月23日まで。
会場 京都国立近代美術館
≪広島展≫
会場 広島県立美術館
広島市中区上幟町(地図は ⇒ こちら!
2006年8月3日(木)~10月9日(月・祝)
平日・日曜は9:00-17:00、土曜日は9:00-19:00(月曜休館)
料金 一般1300円。
詳しくはNHK広島放送局 藤田嗣治展を参考にして下さい!

(全くどうでもいいことなのやけど、NHK広島放送局のHPNHKプロモーションのHPのトップページに載っている藤田さんの画は同じなようで微妙に違います。展覧会ではこれらの作品を見比べることもできるはずですじょ!<京都では見比べることができました♪>



<<町家紅茶館・卯晴(うはる)のランチ | Top | 「和菓紙三昧 団扇 de ほっ展」 in 町家 de ほっ>>




この展覧会とーーーーっても行きたかったんですよ!!!はぁいいなぁ☆広島でもあるのですね!!いい情報をもらいました!!行ってみようかな☆
2006/07/23 21:00 URL by ちぇぶ [ 編集] Pagetop△

私は21日に行きました。
すっごい人でうまっていて、なかなか絵の前にいけなくて苦労しましたが、それでも良かったです。
一人の画家の変遷があれだけわかる展覧会ってすごいですね。
猫の絵がたくさんあったのがうれしかったし、擬人化した動物の絵が面白かったです。
2006/07/24 15:24 URL by piita [ 編集] Pagetop△

よかったねえ

藤田さんが身近に感じられたよね
みんな自分のスタイルを持つまでには色々苦労してるんだ
「量は質を凌駕する」が僕の座右の銘なので
藤田さんもそういう意味では書いた方だよね
描いたのは猫と子供とだっちが多かったと思う?

2006/07/24 15:47 URL by すぅ [ 編集] Pagetop△

あらっ。。同じ日に!!
行ったのよ~! 3時ごろやったかな。すごい人。。
も~。。人の頭ばっかりで
入場制限しろ!!ってカンジ。。

妹の話によれば、京都は他に類を見ない、入れるだけ入れるらしいとか??
もういちどゆっくり見たいっす。

ちなみに、市美術館のコレクション展 土田麦僊のあさがおも観てきました。菊池契月先生の作品も観れて、また満足。
どちらも同じ時代で日本画と洋画を描いてきた人。
堪能できました~。

フジタは今回初めてだったけど、子どもの絵が、よかったね。
興奮冷めやらない間に、帰って簡単な模写しました。
両ブログで掲載してます♪
2006/07/24 18:33 URL by yuka [ 編集] Pagetop△

私の印象では、フジタは絶賛!!
線で輪郭を描く。センスがいい。色使いが上品。
フランス人が好むのがわかるような気がします。
猫の絵なんか、ある意味日本画っぽいし。
裸婦画はむちゃ上品。

私はこういう油絵なら目指したいなあ~。
2006/07/24 18:41 URL by yuka [ 編集] Pagetop△

ある日突然
あのさ。前からずっと山本容子さんの版画っていろんなところで見てたけど、ある日突然、魅入られたりするわけよ。私の場合。藤田さんの絵って色がきれいだね。京都の美術館って行ったことないな。富本憲吉さんの壺のがらもきれいだ。
2006/07/24 19:59 URL by おちゃーみーばっどへんげ [ 編集] Pagetop△

人気あるみたいですね
こんばんは~

この展示会は大変人気があるみたいですね。僕は美術館にはよくいきますが、この展示会行きたいですね~。この間の京都旅行でいっとけばよかったっす。いこうかどうか迷ったんですよね~
2006/07/24 23:31 URL by hayate [ 編集] Pagetop△

⇒ちぇぶちゃま、piitaさん、すぅちゃん、yukaさん、おちゃーさん^^
★ちぇぶちゃま
あたしはかなり面白かった!
だから非常にオススメします^^
でも・・・この絵画展は想像以上に意見が分かれたんよね~^^;
広島までどれくらいで行けるやろ?
是非足を運んでみて下さい^^

★piitaさん^^
そうですか~、piitaさんは21日にいかれたんですか。
(金曜日か~^^;これはこれで混んでそうやな^^;)
猫好きの人はたまらんかったと思いますじょ。
いっぱい猫がいましたもんね(自画像も多かったけど:笑)
間近にみて、やっぱり巧いな~と思ってしまった。
結局彼は、どんなタッチの画でも描けるのだと思うのです。
で、彼のスタイルを確立した。
基礎があってこその彼のスタイルやと思います。

★すぅちゃん^^
よかったよ、とっても。
もう一回しっかり観てみたいのだ。
初期の画はたぶん、ある程度の画力があれば描けると思う(偉そうなことは言えんけど^^;)
でも、そのスタイルを見出すまでが大変やし、またその後もずいぶん画風が変わったでしょう?
多彩な才能に感心するばかりでした。

描いたのは子供より猫のほうが多いんじゃないかな。
彼は猫のトレードマークやし、かなりの作品に猫がいたでしょう?
サイン代わりやったって話もあるよ。

★yukaさん^^
大阪は人数制限するけど、京都はしないですよね。
本当に入れ放題やと思う・・・がははは。

あたしは以前から藤田の画はかなり気になっていて、今回の作品展は以前からすんごい楽しみにしてたので大満足でした。
まぁ、ここに書き込みしてくださる人はたぶん藤田容認派が大半やと思いますが(笑)。
線の描き方がいい。yukaさんがおっしゃるように。
フランスで才能が開花したのは、日本で画を学んでいる時に徹底的に基礎を叩き込んだからやと思いますよ。
藤田は日本画壇をあまり評価してないけど。。。
彼は半歩先行く人やったんやと思います。
時代が(と言うか、日本が)それについていけなかった。

でもあたしはアノ髪型が気になるんですじょ(笑)。

★おちゃーさん^^
あ~、それはわかるな~。
山本容子さんってTUGUMIの表紙の画描いてる人やったっけ?
(間違ってたらすんません^^;)
彼女はこんなコラムも書いてます↓
http://www.kyoto-tv.com/sp_miyabi_column/
富本憲吉は以前民藝の作品展でも出てたんやないかな。
2人とも京都に縁ある人ですじょ。
2006/07/24 23:52 URL by ぽのこ [ 編集] Pagetop△

⇒hayateさん^^
京都は終わってしまいました・・・今どんどん西へ行ってますじょ^^;
東京、京都、広島・・・
福岡あたりでもやればいいなと思うんですが。
これを観るために、遠方から来られてる人も多いでしょうね。
もう1回観たいなぁ・・・
2006/07/25 00:22 URL by ぽのこ [ 編集] Pagetop△

そうだった京都の大学だ
そうそう。山本容子さんは京都の大学に行ってたんだね。ふうん。TUGUMIもそうだよ。ところでこの藤田さんは猫をサインがわりに書いていたのか・・・・。それは興味があるな。俺と同じだ。なんちって!
2006/07/25 23:43 URL by おちゃーみー・ばっどへんげ [ 編集] Pagetop△

すごいわ!ぽのちゃん!
いえ、みんな・・・
ゲージツに造詣が深くって・・・
アタシ(-_-;)だめだわ・・・全然うとくって・・・・
そうか・・・有名なんだ・・・・ Wikipediaで勉強しました・・・
2006/07/26 22:28 URL by みっちゃん [ 編集] Pagetop△

⇒おちゃーさん、みっちゃん^^
★おちゃーさん(・_・)
猫とおちゃーさんは通じるものがあるもんね(・_・)
確かにサインも猫・・・(あれはサインなのか?どへ!)
あたしはどっちかっつーとワンコ派なのだ。
猫も好きなんやけど、うちで飼ってたことがあるのがワンコやから・・・
個人的には雑種猫(ぶち・トラ)が好きなのだ!^^

★みっちゃん(・_・)
あたしは画のことなんて何にも知らないよ(・_・)(ぶっちゃけちゃいますが)
単純に自分が好きか嫌いか、それだけ(-_-;)
好きな画なら絵画展に行ってもかなり長居するけど、興味がないものならスルー。歩きも早い早い・・・
そういう事情で、ここに載せてない絵画展も結構たくさんありますんですじょ^^;

でも藤田さんの絵はイチオシです!(認められだした頃より後半のほうが好き)
2006/07/27 11:38 URL by ぽのこ [ 編集] Pagetop△

藤田さん
なんといってもあたくしは猫の絵が好きです。
あの下からのあおり目線で描写した
ねこちゃんの表情のリアルなこと!
笑っちゃうくらい(笑)
三重県の美術館で本物を見たときは
しばらく動けませんでしたー!
2006/07/27 20:30 URL by きみさま [ 編集] Pagetop△

⇒そう!リアルなのよねん、きみさま^^
藤田さんの描写力ってのはすごいと思うのだ。
なんつーか、絶対素人では描けんリアルさが画に表れてる。
躍動的なんですじょ。
あたしと藤田さんとの出会いは「自画像」やったのやけど、その時もにゃんこがじぃ~~っとこちらをみつめておりました。
その表情がなんともいえなくて・・・
やっぱりすんばらしい画家さんですじょ!^^
2006/07/28 22:48 URL by ぽのこ [ 編集] Pagetop△
コメントありがとう♪














管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://kyotogoriyaku.blog24.fc2.com/tb.php/240-c77bbff3
» FC2blog user only
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。