【大丸ミュージアムKYOTO】石川九楊の世界展



2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 



現在、大丸ミュージアム京都で開催中の『石川九楊の世界展』に行ってきました。石川九楊さんと言えば、京都の人なら一度は目にしたことがあるかもしれん、京都新聞のコラム「一日一書」を執筆してた人。あたしは今回、彼の作品を初めて目にしたけど、かなりびっくりしましたじょ! 石川九楊と言う人物を知らず、あくまで「書」を鑑賞しようと思って訪れた人は「書ってこんな世界もあるんや!」って再発見できるはず! これはサブタイトル(「書はアートだ!」)通りの、とっても個性的な作品展なんですじょ~
これが今回のチラシなんやけど・・・
kuyou_380.png

この黒い模様(?)っぽいのが、石川さんの言う「書」なのだ。一枚の紙の上に、とても細い横線が無数に引かれたものや、知恵の輪が紙の上にばら撒かれたみたいなのもの(ある人が見ればそれは音符みたいに見えるかもしれん)や、くもの巣みたいにあちこち線が散らばってるものや、自分がミクロサイズになって、細かい繊維の中を歩いてるみたいな気分になるものなどなど、彼の「書」の表現は多種多様。どれも一見すると抽象画に見えなくもない作品なんやけど、よーーく見るとそれは全て「文字」!!
彼は5歳から筆を持っただけあって、普通の文字(一般人でも読める文字っつーのかしらん?)もとても美しく書かれるようやけど、今回展示されてる「文字に見えない文字(所謂石川さんの書く文字)」は今までの形から何度も何度も脱却して形作られたもの。だから、彼の作品の推移を観て行くと表現の幅がどんどん広がって行くのがよく分かるんですじょ。
書く題材は古典文学から現代詩、そして「言葉」を大切にする石川さんらしく、自分の思いを綴った詩も。
墨で表現する白と黒の世界。作品から醸し出される凛とした雰囲気は、見ているこちら側にも適度な緊張感を与えるけど、それはちっともイヤじゃない。むしろ楽しい気分にさせてくれるかもしれませんじょ!

4月25日まで開催されてます。
良かったらお仕事帰りにでも是非!

メモ:石川九楊の世界展(大丸京都店6階)
2006年4月13日(木)~25日(火)
10:00~19:30(20:00閉場)
※最終日は16:30まで(17:00閉場)
入場料は一般700円・大高生500円・中学生以下無料。
関連リンク
石川九楊さん(Wikipedia)
「書家・石川九楊さん」(asahi.comでの紹介記事)
文字文明研究所






<<【桜の名所・平野神社】遅咲きの桜はこれからが本番ですじょ~! | Top | 目指すは京都御苑・建礼門!遅咲きの桜を愛でよう!>>




書とはどういう芸術か
1回読んだぐらいでは分からんわぽのこ。
書は文字を書くという観点から考えたらあかんらしい。書は言葉を書くと考えたら理解しやすいのだとか。
だから僕にとっての「ぽのこ」と言う言葉を書いたら「\(^O^)/」こうなる
2006/04/19 12:10 URL by すぅ [ 編集] Pagetop△

そうかもしれない。
何度も見ている私にとって、彼の書いている書の美しさより思想というものを感じ取ってしまう、これはあまりにあまのじゃくか。。。私はかなり前のこと、彼が自分の本にサインをしているのを見たことがある。若い時代であったが、伝わってくる緊張感は半端なものではなかった。石川九楊さんは、アステイシオンだったと思うが、そういうところに文章も寄稿する思想家でもある。(少し前に教育論でちょっと有名になったこともある)
2006/04/19 20:29 URL by こいん [ 編集] Pagetop△

⇒すぅちゃん、こいんさん^^
★すぅちゃん(・_・)
あたしってさ・・・「\(^O^)/」やの??(-_-;)
なんかアホっぽくない??

あ、あたしにムズカシイことは決して聞かんといてね(・_・)
そーゆーのはさ、後々すぅちゃんが自分で勉強してくれたらいいから、ホンマに(・_・)
レポートも自分でやってね(・_・)ノ

★こいんさん
おぉ、こいんさんがここにコメントを書いてくださるとは!!
嬉しい!!^^
石川九楊さんは、ただの書家ではおさまらん、その知識の豊富さには脱帽です。いっぱい本出されてますよね。
こいんさんの頭のレベルとあたしの頭のレベルは相当違うので(どへ)、「アステイシオン」が何なのかも知らんし(どへどへ)、彼がどんな思想を持ってるのかもよくわかってないんやけど(なんなんだーー!!(^^;))、作風を通して見てみると、留まることがない、アクティブで常に進化してる感じがとてもよかったです。
この作品展、結構気に入ったのだ!^^
2006/04/19 21:38 URL by ぽのこ [ 編集] Pagetop△

へー
へー京都大丸か。ふーん。みてみよっかなー。
2006/04/19 22:31 URL by おちゃーみー・ばっどへんげ [ 編集] Pagetop△

ぷっ!
すぅちゃん・・・ったら・・
ひどいわね(-_-。)ぷぷぷっ

でも、ぽのちゃん、すごいなぁ~
ゲージツに敏感なのね~♪
よく鑑賞にお出かけするものね~
素敵だわ! 尊敬!!!
2006/04/19 22:40 URL by みっちゃん [ 編集] Pagetop△

⇒おちゃーさん、みっちゃん!
★おちゃーさん^^
大丸ミュージアムは結構いい展覧会が多いのだ。ここではあんまり紹介してないけど、JR京都駅の伊勢丹の「えき」も、なかなかよいんですじょ。
京都に来たら、ゲージツを堪能しに来てよぅ!ゼヒ!!^^

★みっちゃん(・_・)
あ、もしかしてこれ?⇒「\(^O^)/」
ナニコレ!!
ま、すぅちゃんの愛情やと思えば何でも許されるのかもしれん(今だけ)。
あたしはゲージツに敏感ではないんやけど、画を見るのは好きみたいです。
あ、でもこれは画じゃないか^^;
2006/04/20 23:24 URL by ぽのこ [ 編集] Pagetop△

えき
おーっす!今日は滋賀に行ってたんだ。その後京都まで出て新幹線に乗って次の街に行ったんだけど君のいう伊勢丹の「えき」に行ってみようと思ったんだよ。そしたら今は、ちょうど何もやってないんだと。ぶひ!大丸は地図を見たらちょっと遠かったので諦めた。でも琵琶湖はもう春って感じだったよ。京都の山が緑色になるのはもうすぐだね。へへへ。
2006/04/26 00:37 URL by おちゃーみーばっどへんげ [ 編集] Pagetop△

⇒おちゃーさん、何で滋賀やの?
何で滋賀やの?
何で、何でやのさ!!!(>_<)

おちゃーさんは間違いなくトラヴェリン・マンなのだ(・_・)

「えき」・・・あら、そぉ(-_-;)
何もやってなかったのね、今は(ぶひ)。
大丸はそこからやったら地下鉄で4分よぅ!(>_<)(近いわよぅ!)
ま、メンドクサイね、乗換えが(・_・)

今度はいつくらいに京都(あたり)に来られるのかしらん?
その時に「えき」で、いい展覧会やってたらいいんやけどなぁ^^;
2006/04/26 20:25 URL by ぽのこ [ 編集] Pagetop△

お店見に行ったんだよ
あのさ。堅田の新しいお店を見に行ったんだ。ちょっと勉強になったかも。琵琶湖の春の色だった。
2006/05/01 20:30 URL by おちゃーみーばっどへんげ [ 編集] Pagetop△

⇒おちゃーさん、にゃんと堅田のお店ですと?
堅田・・・湖西線やないの。
おぉ、そんなところまで・・・おちゃーさんはトラヴェリンしてるのねん♪

湖西線なんて・・・もうどれくらい乗ってないやろ・・・
学生時代は堅田の近所でキャンプ
したのだ。あたしはBBQ専門ですじょ。
琵琶湖で泳いでる人もいたな・・・あたしは泳いでないけど、他のメンバーが泳いでた・・・黄色いビキニで(-_-;)
あれ、どこで買ったんかな?入手ルート確認しとけば良かった・・・あたしはそんな大胆なの着ないけどさ、ブヒ。
京都からは結構近いんやけど、何か懐かしい響きやな、堅田。

そっか・・・おちゃーさんって堅田に来てたんかぁ~。
2006/05/01 22:08 URL by ぽのこ [ 編集] Pagetop△
コメントありがとう♪














管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://kyotogoriyaku.blog24.fc2.com/tb.php/176-e97a57aa
» FC2blog user only
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。