『若冲と琳派~きらめく日本の美』を観に行く!



2017.04 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.06


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 



10月3日まで京都高島屋で開催されている『若冲と琳派』展
学生時代、あたしはこれでも一応近世から近代にかけての日本画の研究をしていました(ま、してた振りをしてるだけやけど・・・よぉ卒業できたと思う。ちきしょー!(-_-;))。
結構楽しみにしてたんですが、なかなか時間が合わず、期日ぎりぎりになってやっとこさ観に行くことができました(遅いよ(^^)ゞ)

『若冲と琳派』。
これは言わずと知れた伊藤若冲と、琳派を代表する画家・酒井抱一や鈴木其一(きいつ)などの作品展です。
あたしは学生時代、「狩野派」の研究をしてたのですが、枠に嵌った感のある狩野派よりも、自由で洗練された「琳派」の画が個人的には好きでした。
まぁそんな感じで、今回の目的はあくまで「琳派」鑑賞のつもり、やったんですけど・・・。

意外や意外(?)、若冲の画もかなり面白い(期待してなかっただけに^^;)。
彼は青物問屋の跡取り息子やったけど、元々画を描くことが好きやった若冲は早い段階から「自分は商売に向いてない」と思ったようで、40歳になってから弟に家督をあっさり譲ると、85歳の天寿を全うするまで大好きな作画に没頭していきました。

若冲の画は勿論知ってましたが、改めてみると彼の天才振りがよくわかります。
若冲といえば『鶏』
彼は山水画よりも、鶏の画を得意としました。
なので、今回の作品展も「ザ・鶏」です。

20051002230153.jpg
「雪中雄鶏図」

画家にとって、写生は基本だと思いますが、彼は鶏の写生を何年も続けたようです。だから描写力が天才的。躍動感がありました。
彼の作品のすごさは墨一色で描かれた鶏によく表れています。
筆遣いが本当に素晴らしい。
今まではこういうところはあまりよく見ていなかったけど(直感的なもので判断しがちやったので)、今回は細部までまじまじと見入ってしまいました。

一緒に若冲の画を観に行った友達の感想。

「やりたいことは、いくつから始めても遅くないんよね」

ぽのこ:「しかし、実を結ぶまでの努力も必要!だはは

友達のこの言葉でこの作品展は90点と言うことにします!^^

【若冲と琳派~きらめく日本の美】
10月3日まで。京都高島屋7階グランドホールにて。




<<で、結局のとこ誰やのさ?【自己紹介】 | Top | 京都・伊根町をめぐる(3)>>




管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005/10/02 23:36 URL by [ 編集] Pagetop△

ぽのこさん、こんばんは。

しまった~!!
コレ、僕、見に行くつもりしてたんですよ。
3日まででしたか…。とほ。
若冲、素晴らしいですよね。
学術研究用の細密画みたいなのに
一幅の絵としてバランス取れてるんですもん。
天才です。
ああ…(泣)
2005/10/02 23:49 URL by Kyo-to [ 編集] Pagetop△

こんばんは。コメント有難うございます。

>『若冲と琳派』
小さい頃に、彼らの画集をチョコチョコ見てましたね。
私の身内は一族郎党、美術教師(小・中・高・大)なんで、
昔から家の中にカンバスやニカワ、絵筆、イーゼルに
画集、トルソetc…が転がってました(笑)

親父が日本画専門なんで、若冲の写生画(モノクロ)
や、鉄斎、玉堂、大観 、華岳 などの画集は、よく見てました。
月に2回は美術館に連れて行ってもらってました。
しかし、現在、私の審美眼は今ひとつ(笑)
2005/10/03 01:10 URL by mimi-freedom [ 編集] Pagetop△

はじめまして
コメントありがとうございます。
そして、お返事遅れてゴメンなさいm(__)m

日本画って言うのかな?あまり知らないんですが、とても迫力のある画に見とれてしまいました。
お友達さんの「やりたいことは、いくつから始めても遅くないんよね」は同感です^^
私も写真初めてたばかりですが、やりたい事は年とってから初めても面白いものです。(そんなに年ではないですが^^;)
2005/10/03 01:20 URL by 藍【Rann】 [ 編集] Pagetop△

日本画って・・
デッサン力がないと全然だめだよね。
それと、ピント張りつめた集中力。

ぽのこさん、絵は描く方はどう?
2005/10/03 14:33 URL by くぅ [ 編集] Pagetop△

RE:
●内緒さん(笑)
コメント、ちゃんと見ましたじょ。ありがとうです^^

●kyo-toさん^^
今日までですよ~。
ほんで最終日は時間終わるん早かったと思うし、間に合ってないやろなぁ~(想像)。
日本画観る度に思うけど、やっぱり基本が大事やし(そんなんどんな画でも言えますけど(^^;))、特に江戸以前の作品は繊細さが光る「職人技」です。
画をやってる人にはホンマ、勉強になると思いますわ^^

●mimi-freedomさん^^
ご自分の審美眼を謙遜されてますけど、お写真はとてもいいと思いますじょ。
やはり子供の頃から培ってきた経験や環境がなせる業なんやと思います。
素敵な環境やなぁ・・・うらやますぃ(笑)

●藍【Rann】さん^^
来てくれはったんですね!ありがとうございます。
藍さんはお写真やり始めやって言うても、色んなテクニックを駆使されて素敵な作品UPしてはりますやん♪^^
これからもどんどん見せてくださいね。

●くぅさん^^
くぅさんはいっぱいお写真撮ってはるから、たぶんセンスがあるんやと思います。
でもあたしはホンマあきませんわ^^;
ダーリンのすぅちゃんが上手なので、教えてもらわんとアカンのですけどね。
あたしが画、ですか?(*_*)
すぅちゃんが以前スケッチブックとクレヨンプレゼントしてくれたので、何か描きたいなとは思ってますじょ^^

2005/10/03 19:20 URL by ぽのこ [ 編集] Pagetop△

おう!こないだ高島屋に行ったとき、やってたな~。

おじいちゃんは、よく大丸やら、高島屋やら、同じ塾生の展覧会に行ってたよ。
そして、写生して帰ってきてた。
京都市美術館も、毎日行って写生するんで
ある日、京都新聞の記者のヒトに取材されて、新聞に載ったみたい。

・・戦後の話だよ。
日本画・・おじいちゃん思い出すわぁ・・。

ぽのちゃん、好きなんだね。
玉堂はおじいちゃんもお気に入りっす。
2005/10/04 07:55 URL by yuka [ 編集] Pagetop△

RE:
●yukaさん。
yukaさんは画が好きやから、あたしより全然詳しいと思いますじょ。
やっぱり環境かなぁ~。
あたしは画を描く人が周りにいたわけではないので、画に目覚めたのは遅かったかもしれません。
あたしは論評するほどの画力もないので、偉そうなこといえませんしね~^^;
いろんな意味で日々勉強です!(^∀^)
2005/10/04 19:23 URL by ぽのこ [ 編集] Pagetop△

雪中雄鶏図」!お宝鑑定団でみたことあります(^^;)
2005/10/04 19:24 URL by ちぇぶ [ 編集] Pagetop△

RE:
●ちぇぶちゃま!
にゃんとあたしがコメ返ししてた時に遊びに来てくれてたんですね!
なんとゆー偶然!!(^∀^)

・・・え?そぉやの??
お宝鑑定団に・・・がははは。そやったんやぁ。ええ値段、ついてたんやろなぁ~^^;
2005/10/04 20:51 URL by ぽのこ [ 編集] Pagetop△

やるなおぬし
ふうん。わしこういうのあまりよくしらん。わしが見に行くのは漫画みたいなイラストレータばっかりだ。でもたしかにこのにわとりさんは上手だ。健康そうだ。有機育成されていそうだ。・・・って食べること考えてるのオレだけ?
がくっ!
2005/10/07 20:35 URL by おちゃーみー・ばっどへんげ [ 編集] Pagetop△

RE:
●おちゃーさん(^∀^)
おちゃーさん的にはこんな画はあんまり馴染みじゃないよね~(確かに)。
リサ&ガスパールでしょ??(^-^)←あたしが気に入ってるだけか??(*_*)
これ、実際の画観たら結構ビビるよ。
たまにはこういうのを見てみるのもいいかも。
職人芸が冴える!って感じやもんね^^
2005/10/07 22:06 URL by ぽのこ [ 編集] Pagetop△
コメントありがとう♪














管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://kyotogoriyaku.blog24.fc2.com/tb.php/15-1ed3152b
» FC2blog user only
■彩色山水   静かにしてゆっくりと山里の時は流れる。   今なお残る日本人の郷愁を誘う   彩色山水と言えます。■久保田遊甫   岐阜県在住   得意 山水・花鳥■寸法   縦189cmX横55cm (尺五立)■体裁   表装:三段表装   軸先:黒檀    本 日本画をあなたに捧げます 2007/07/21 21:57
山水を攻める
■秋色山水   秋の気配の山里が紅葉に染まる頃、   仕事を終え家路に向かう老人の姿が   今日も無事を伝へます。■倉知邦彦   昭和9年生れ 京都出身   無所属 師翠雲 院展入   創造美術展理事   美術年鑑掲載、美術市場掲載■寸法   縦188cmX横5 日本画をあなたに捧げます 2007/08/13 01:33
山水を攻める
■秋色山水   秋の気配の山里が紅葉に染まる頃、   仕事を終え家路に向かう老人の姿が   今日も無事を伝へます。■倉知邦彦   昭和9年生れ 京都出身   無所属 師翠雲 院展入   創造美術展理事   美術年鑑掲載、美術市場掲載■寸法   縦188cmX横5 日本画をあなたに捧げます 2007/08/13 15:10
四神相応開運山水図掛軸(棚橋玄道作)
■四神相応山水図   中央の家を貴家に見立てられており、   四方を偉大な四神(青龍、白虎、朱雀、   玄武)が守護し、悪い地相、家相から   生じる難をはらい、商売繁盛   家運隆盛をもたらしてくれます。■棚橋玄道   昭和28年生れ 岐阜県出身   墨 日本画がいっぱい 2007/08/18 08:20
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。