駒井家住宅と銀月アパートメント



2017.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.07


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 



先日、ダーリンのすぅちゃんが京都で用事があって、遊んでもらえた時のこと。
目的地まで行くのに、ちょっと遠回りしてもらって見に行ったのが駒井邸銀月アパートメントです。
特に銀月アパートメントは確か70年以上前の建物で、かなり老朽化が進んでるはずなんやけど、この名前に以前から惹かれていて、どうしても見に行きたかったのです。駒井家住宅はご存知の人も多いと思うけど、ウィリアム・メレル・ヴォーリズさん設計で、昭和の初期(案内には昭和2年と書かれてます)に建てられたもの。京都市の有形文化財に指定されています。
ヴォーリズさんと言えば、以前、あたしのもう一つのブログでも紹介した、四条大橋沿いの東華菜館の建物なんかを設計してる人でもあります。
こちらの住人であった駒井卓さんは、京都帝国大学理学部の教授さんやったそうですじょ。
20060224103428.jpg

20060224103448.jpg

残念ながらこの時は中を見学することができんかったんやけど、金曜と土曜だけ開放されてます。

メモ:駒井家住宅(駒井卓・静江記念館)
京都市左京区北白川伊織町64(地図は ⇒ こちら!
公開日:毎週金・土曜の10:00~16:00(受付は15:00まで)
修繕協力金として大人1,000円、小中学生500円要。
見学ガイドは毎時00分と30分に行われてます。

参考になるサイト ヴォーリズ委員会



で、その目と鼻の先にあるのが銀月アパートメント
こちらも昭和初期の建物。
憧れてる人も多いかなぁ・・・
20060224104206.jpg

20060224104217.jpg

すぅちゃんはこの建物を見て目がテン!(*_*)
「これ・・・現役なの??」
まだ現役で活躍してますじょ!
ただ、見た感じでは絶対補修が必要な建物ではあるので、入居は期限付きでの契約なんやないかな、とは思いますが。。。

すぅちゃんはこの手の古い建物が大好きなんで、興味津々でした!
まぁ、まだ人が住んでらっしゃると言うことで、見る時はそっとみて下さいね



<<中国四川料理・駱駝のランチ♪【北白川】 | Top | 京の化粧地蔵さん~「ノスタルジア・かんちゃん?」編~>>




こんにちは
http://jump.sagasu.in/goto/blog-ranking/で紹介されていたので見にきました。また見にきますネ。
2006/02/24 11:03 URL by POPPO [ 編集] Pagetop△

かまいたちの夜とか
何かミステリーの舞台になりそうな建物ですね~。
怖くて、ここには住めないっす(苦笑)。
2006/02/24 15:17 URL by にょじやま [ 編集] Pagetop△

ぽのこちゃんトラックバックありがとう♪

駒井邸の中 いいですよ。
説明がまたとても心地いいんです。
是非 すぅちゃんと今度は中に入ってみてくださいね。

銀月アパートメントは見落としてしまったなあ。残念。
桜の咲く頃に疎水沿いを歩くつもりなんでそのときしっかりと見てきます。

でもさぁ すぅちゃんとは興味がますます一緒だわぁ~
2006/02/24 21:17 URL by yume [ 編集] Pagetop△

そういえば・・・
青山の表参道にも古いアパート(こちらはコンクリ)があって、
風情があったのに・・・
とうとうなくなってしまいました・・。
確か去年だっけ???
どうも日本はヨーロッパのようにはいかないようで・・・
あっ!!!
京都はヨーロッパなみでした!!! 笑
2006/02/24 23:21 URL by みっちゃん [ 編集] Pagetop△

これは・・・
これは京都の基地だな。東京の基地はななきちのビル。
2006/02/25 02:06 URL by おちゃーみーばっどへんげ [ 編集] Pagetop△

あるある(笑)
ぼのこちゃん、ご無沙汰です。
お仕事、ハイシーズンで大変そうですね。お体を大切にね。
さっき、yumeさんところとかで、北白川近辺がアップされているのをみて、むずむずして書いちゃいました。ある時期、このへんうろうろしていたもんで、(でへ)駒井家も、人文研も「あるある」でした。(笑)
一番は、「銀月アパートメント」。いまから15年まえぐらいで、すでに危ない雰囲気をかもし出していたんですけど、いまだ健在なんですね。うーん、ここまできたら、これは保存して欲しいもんですね。
私も残りがんばります。
2006/02/25 08:16 URL by もちや [ 編集] Pagetop△

銀月アパートメント
銀月アパートメントの方も、有名な建物なの?
なんか、夜こわそぉ~
わたしは古い建物はダメ。
だって・・・
~~~~~m--)m
って出そうだものぉ~
2006/02/25 14:03 URL by くぅ [ 編集] Pagetop△

おおっ。。たまに北のほうを歩くと、遭遇するよね。こういうレトロな一般住宅・・。

私も、実家帰省時には撮影を狙ってるんだけど・・。なかなか。。

先週は楽しそうでよかったね~。私は体がガタガタだけど。。
2006/02/25 14:34 URL by yuka [ 編集] Pagetop△

銀月アパートメントは京都の洋館という本で見たことがあったんですけど、なかなかすごい建物ですね。春は枝垂桜が綺麗らしいから、駒井邸とセットで見に行きたいな~。
2006/02/25 22:56 URL by piita [ 編集] Pagetop△

⇒駒井家住宅と銀月アパートメント!
★POPPOさん^^
訪問ありがとうございますですじょ。
また興味ある記事がありましたら是非覗きに来て下さいね^^

★にょじやまさん(・_・)
銀月アパートメントは前々からあたしの中ですごく興味のある建物やったんやけど、実際見てみてビックリやったんですじょ!
よく耐えてるなぁ、と(笑)
でも、70年以上の歴史のある建物やから、それなりに味があります。
アート系な学生さんが気になるのもわかる気がしましたじょ^^

★yumeさん^^
yumeさんも味のある建物撮影するのお好きですよね。
ブログにも色んな風景を載せてらっしゃるし^^
すぅは風変わりなものをよく撮ってますよ。
モノクロにしたら面白いような・・・
お写真撮る時、塀によじ登ったりもするんですじょ(一応許可得てますけどね^^;)
女史にはできひん芸当ですじょ(どへ)

★みっちゃん(・_・)
京都も・・・古い建物とかどんどんなくなってますんですじょ。
銀月アパートメントもいつまでもつか・・・
他の建物と比べても老朽化が激しいし^^;
入居者さんがいると、なかなか手入れできんやろからなぁ・・・
面白い建物やから残ってて欲しいんやけどなぁ~。

★おちゃーさん(・_・)
京都の基地・・・確かにヒミツ基地みたいですじょ。
風情があるアートな建物なのだ。
もっとちゃんと写したかったんやけど、住んでる人がいると思うと気が引けましたんですじょ^^;

★もちやさん^^
お疲れ様ですじょ~^^
あともう少し、頑張って下さいね^^
あたしもひとふん張りせねばなるまい。。。。
北白川界隈は面白い建物が多そうですよね。
この日は人文研は見てないんですが、確かこの近所でしたよね。
しかしぃ・・・保存でけるんか??
個人的には残して欲しい建物ですじょ^^

★くぅさん^^
銀月アパートメント・・・そうですね、古い建物でこのような状態で残ってるし(笑)、知ってる人はよく知ってるんですじょ。
こういう情報を知ってるのは学生さんが多いかな。
色々といわれのある建物のようです(変な意味じゃなくて^^;)。
お写真はキョワイ感じですが、実際見てみると、ヤバいながらも味があるんですじょ^^

★yukaさん^^
週末・・・そうですねぇ~、この日は楽しかったんですけど、ここ最近の生活がかなり不規則なのでちょっと体力的にボロボロです(笑)
yukaさんとあたし、そないに歳かわりませんやん^^;
あたしも最近、体力のなさを痛感しておりますんですじょ(どへ!)
やっぱり・・・養命酒・・・どへどへ!!

★piitaさん^^
あ~、そんな本にも銀月アパートメント、載ってましたか!!
書籍に載るって相当有名なんですね^^;
(あたしは仕事柄知ってたんですじょ^^)
花が咲けば、この建物も華やぐと思います(笑)。
見てちょっとビックリしたけど^^

またこの辺り散策されたら、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。
2006/02/26 13:44 URL by ぽのこ [ 編集] Pagetop△

かっこいい!!・・・けど
住むにはちと寒い?
地震きたらどーしよ?
と思うので、見るだけにしときます(笑)

歴史的建造物保存と耐震問題って難しいですよね。
原宿の同潤会アパートも味のある建物だったのに、フツーのファッションビルに成り下がった?成り上がった?だし。

そう考えるとお寺さんとかのむか~しの建物作った人ってすごいなぁって、あらためて思ったり。
2006/02/28 07:17 URL by koo [ 編集] Pagetop△

⇒kooちゃん^^
ここ、中は意外と綺麗みたい(そこそこ・・・^^;)
あたしも以前、ちょこっと写真を見ただけなんやけど、外観からは想像できんものでした。

これだけ年数が経つと、維持管理が大変なので、大家さんも頭を抱えておるのではないかと思ってますんですじょ。
あたしはよく、あちこちの神社仏閣に行くけど、あんなデカ柱ないよね・・・とか、やっぱりそういうところを見てしまいますんですじょ。

職業病なのかもしれない・・・どひゃひゃ。
2006/03/02 00:13 URL by ぽのこ [ 編集] Pagetop△
コメントありがとう♪














管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://kyotogoriyaku.blog24.fc2.com/tb.php/145-2caa6143
» FC2blog user only
駒井家住宅
哲学の道を北へ歩き、そのまま疎水に沿って歩きます。さらに今出川通りを越えると閑静な住宅街となります。そのまま疎水に沿って進んで御蔭通を少し越えると木立の中に赤い屋根のち 京都ひとり歩き - yume_cafe - 2006/02/24 21:18
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。