巴里 穏やかに時は流れ―小杉小二郎展【大丸ミュージアムKYOTO】



2017.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.07


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 



大丸京都店で開催されている「小杉小二郎展」。美術史家の父、画家の祖父、そして工業デザイナーの叔父と言う芸術一家に生まれた小杉小二郎は、パリを拠点として活躍している作家さんです。今日、彼の作品展をお友達のあまなっちゃんと観に行ってきました。
20060123004427.jpg

今回のこの作品展を観るまで、彼のことはな~んにも知らんかったので、先入観なく観ることができました。
どの作品も、色合いはそれほど明るくないものの、タッチが柔らかく心を和ませる画風で、観ていて心地よかったです。パンフレットのお写真を見ていただいても分かるように、写実的な画じゃない、でもその単純な線に温かみがある、そんな感じです。
パリを拠点に活躍している作家さんなので、「日本っぽくない」と言うか、パリのエスプリがきいた作風(?)なんですけど(この表現は何なんだ~ でもホンマに日本っぽくないんです)、色が明るすぎない、ってところがかえって日本人好みかもしれません。
解説書には「大人のメルヘン」とありましたが、まさにそんな画風(その言葉、いただき!)。

また彼は、元々工業デザインからスタートしていることもあってか、コラージュ、オブジェなども面白い作品が多く、とても見応えがありました。
宗教画や古の日本を描いた百人一首(やったかな?)をモチーフとした画も紹介されていましたが、個人的には静物画や風景画のほうが彼らしさがよく出ていたように思います。

メモ:巴里 穏やかに時は流れ 小杉小二郎展
2006年1月18日(水)→23日(月)
午前10時~午後7時30分(午後8時閉場)
※最終日は午後4時30分まで(午後5時閉場)
入場料 一般700円、大高生500円
中学生以下無料

関連リンク
大丸ミュージアムKYOTO
中川一政(Wikipedia)
 ※小杉小二郎が最も影響を受けた洋画家です。




<<釘抜地蔵さんのお守りと叔母からの手紙 | Top | 気になるイベント!「京都アートフリーマーケット2006春」>>




温かい感じですね☆こういう絵の展覧会をみて温まりたいです^^
2006/01/23 07:04 URL by ちぇぶ [ 編集] Pagetop△

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/01/23 12:55 URL by [ 編集] Pagetop△

「色が明るすぎない、ってところがかえって日本人好みかもしれません。」
に深くうなずいた私でーす。

「京都アートフリーマーケット」て知りませんでしたーこれもおもしろそうですね!
2006/01/23 21:52 URL by おこぽこ [ 編集] Pagetop△

ユトリロ展と一緒に梯子しようかなぁって思ってよく見たら、今日まででした。
残念、いい感じですね。
2006/01/23 22:29 URL by yume [ 編集] Pagetop△

今日もサブイ・・・・
京都!!!今頃、雪が積もってるじゃ、あ~りませんのぉ!

 > あまなっちゃんと観に行ってきました。

サブイから、帰りにオイシイもん食べた!?
2006/01/24 00:00 URL by みっちゃん [ 編集] Pagetop△

雪降っていたし・・・
今日は、朝から雪降っていたから・・・出たくなかったっていうか まずは 家でも降ってるのに・・京都は もっと降ってる?なんて思ったら いけなかったよ~!!
2006/01/24 01:22 URL by もい☆ [ 編集] Pagetop△

⇒小杉小二郎展!
★ちぇぶちゃま^^
全然知らんので期待してなかったけど(がははは)、結構良かったです。
福岡あたりに巡回しいひんのかな?(・_・?)
風景画はあたしの好みです^^

★内緒さん^^
コメントありがとうございますですじょ!
また是非遊びに来て下さいね^^

★おこぽこさん^^
画を観て頂いたら一目瞭然です^^
なかなか「日本人好み」です(笑)。
デザイン的には日本人ぽくないのに、色で印象って変わるもんですね~^^
あのくすんだ色合いは結構スキかも、でしたじょ☆^^
「京都アートフリーマーケット」、お時間があれば見に行ってみて下さいね^^

★yumeさん^^
ユトリロさんと小杉さん、「フランス」って共通点があるんですけど、日本人とフランス人ではこうも違うか?って印象ですね~(そら生きてきた背景がちゃうんやから当たり前ですけど^^;)。
二人の作家を見比べるとかなり面白かったかもしれません。
もうちょっと早く行くつもりやったんですけど、会期ギリギリになってしまいました^^;(だははは)

★みっちゃん^^
積もってたよぉ・・・朝はね(・_・)
ふーちゃんはきっと雪にまみれてたと思う・・・^^;
でも、猛烈に降ってた割には、職場の近所辺りの道の雪は割と早い時間にすっかり溶けてましたじょ^^
帰る頃には雪がない(どこへ??)

あまなっちゃんとはお好み焼き食べに行ってました~♪(^∀^)

★もいさん^^
雪の量は半端じゃなかったですじょ!!(積もるほどではないけど(・_・))
雪でも雨でも、外に出るのは辛いです^^;(特に雪は寒いからイヤ(-_-;))
でもミュージアムの中は暑いくらいでした(*_*)
ロッカーに上着、入れといたら良かった^^;
2006/01/24 23:22 URL by ぽのこ [ 編集] Pagetop△

かき
柿がたべたくなった。この絵を見てたら。
2006/01/26 22:43 URL by おちゃーみー・ばっどへんげ [ 編集] Pagetop△

⇒おちゃーさん^^;
オレンジ系やからかしらん?
この人の画は、全体的に柿色ですじょ!^^
2006/01/28 00:04 URL by ぽのこ [ 編集] Pagetop△
コメントありがとう♪














管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://kyotogoriyaku.blog24.fc2.com/tb.php/122-d4944a72
» FC2blog user only
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。